機械学習をビジネスに活かせる形に
落としこむ導入プログラム

機械学習をITサービスや業務システムにどう活かすのか?

機械学習の技術を身につけているのは、エンジニア。
しかし、機械学習でどのようにビジネス上の課題を解決するかまでは距離がある
ビジネスの課題について分かっているのはプロダクトオーナー。
しかし、ビジネス課題にどのように機械学習が活かせるかまでは距離がある。

両者には、共通言語がまだない。なので、一方から進めていく力が働きにくい。
これではいつまでも、機械学習を活用したビジネス課題の解決、サービスやシステムへ導入する切り口が見つからない。

機械連合は、ビジネス課題と技術の境界を越境する

ビジネス課題と技術の歩み寄れない境界に、「機械連合」のチームが入る。
どのように導入して課題解決へと進めるかを設計する。
ビジネス側の視点と、技術側の視点両方に立ち、それぞれから課題を掘り下げ、翻訳を行うのが機械連合だ。

  • ヒアリング
    なぜ、機械学習を導入したいのか
    どのような課題解決が行いたいのか
  • 実験・検証
    プロトタイプを作成
    実験・検証
  • 本格反映
    実験結果を得て、サービスやシステムへの本格反映

目的を持った、機械学習の導入支援

機械学習を導入しているサービスの例

機械学習とは、『データ』と『アルゴリズム』を組み合わせて、人間に匹敵するような情報処理をコンピュータに行わせる技術です。 人間を上回るような知恵や判断をコンピュータに持たせられる可能性もありますが、使い方を誤れば全く見当違いの結果を生み出してしまいます。 適切なデータ収拾やアルゴリズム適用、そしてその先のビジネスを考えることによって初めて、機械学習は価値を生み出すのです。

  • お問い合わせボット

    業務コストの低減の図版
    業務コストの低減

    ユーザの問い合わせにたいする応答をボットにより自動化し、業務コストを軽減させています。問い合わせ内容の理解に、機械学習アルゴリズムが活用されています。

  • 株価予測

    意思決定の支援の図版
    意思決定の支援

    いつ、どのように株価が変動するのかを、過去のデータに株価に関連する様々なビッグデータを組み合わせて予測しています。人間の感覚だけではわからないことも、機械学習なら見えるようになります。

  • 装置の不具合予測

    利便性の向上の図版
    利便性の向上

    装置の各種データをロギングし、解析し続けることで、装置が異常な状態に入る前の、小さな兆候をいち早く検知します。壊れる前の修理によって、装置のダウンタイムが少なくなります。

機械連合を組織するギルドワークス

ギルドワークスは、今までに100件以上の新規事業の構築をみてきました。
そこには、常にお客様の事業に対する一途な思いがあります。わたしたちギルドワークスはお客様の事業の推進のために、仮説検証とそれに適したプロダクト開発を提供しています。

仮説検証とは

事業やサービスの企画が、仮説を立て、必要な最小限の機能を備えたプロトタイプを使って検証すること。

ギルドワークスの仮説検証について

ギルドワークスの仮説検証について

機械連合とは、機械学習の知恵と経験を
提供するチームで成り立っています

  • 市谷 聡啓
    市谷 聡啓(いちたに としひろ)
    ギルドワークス 代表
    仮説検証のスペシャリスト
  • 上野 潤一郎
    上野 潤一郎(うえの じゅんいちろう)
    ソリューションアーキテクト
    解決方法のスペシャリスト
  • 前川 博志
    前川 博志(まえかわ ひろし)
    機械学習アルゴリズムを始め、
    多くの技術に精通するゼネラルエンジニア
  • 猪俣 充央
    猪俣 充央(いのまた みつひろ)
    株式会社テックベイン 代表取締役
  • 水谷 裕生
    水谷 裕生(みずたに ひろたか)
    株式会社ゼンスタイル代表
  • せと としき
    せと としき(せと としき)
    株式会社グピポ 代表

機械学習の先にある未来とは?

ギルドワークス 代表 市谷 聡啓<
ギルドワークス 代表市谷 聡啓

あなたのサービスに機械学習を導入しますか?

本気で機械学習を導入したい方といっしょに、本気でソリューションを考えます。

機械学習は活用の道筋がなければ、役に立ちません。
ビジネス課題を解決し、どのようないままでにない利便性を引き出すのか、
それが機械連合が立ち向かうところです。

ご相談は無料!

本気で機械学習の導入を考えている方には、本気で立ち向かいます。
お気軽にご相談ください。